自分のモノサシ・・・じゃイカン!

今の時代、Wi-Fiって

生活の必需品となりましたね。

 

それは国際的にも。

先日、東南アジアで起きた

タンカーの座礁事故なんかも、

船長がWi-Fiの電波を拾いに

岸へ寄ったのが原因で

起きたんだとか?

 

 

さて、自分もWi-Fiって

必須アイテムでして、、、

特に出張へ行った時なんか

ホテルでは必需品です。

 

4G回線を使ってもいいんですが

そんなことしたら

データ量が半端無いし

そもそも遅い、、、

 

で、先日出張の時

ホテルの部屋に入って

パソコン使って

さぁ ひと仕事と思いきや

Wi-Fi設定の案内がない。

 

ホテルのサービス案内と一緒に

置いてあるかな?と探すも無い。

 

フロントに問い合わせると

ナント!

Wi-Fiの設定は

テレビで案内しているとの事。

 

そういえば、、、

 

最近のホテルは

館内の説明とか

色々なサービス案内とかは

冊子やファイルじゃなくって

テレビモニターに

情報を流してるんですよ。

 

まぁそうですよね。。。

 

ホテル側もその方が

管理や更新が楽だし

オマケに外国の方にも

対応しやすいですからね。

 

しかし、ワタシ小笠原は

テレビを見る習慣が

全くありません。。。

 

なので部屋に入って

まず、

テレビの電源を付けるなんて

しません。

 

 

いやーやられました。

 

自称、デジタルアイテム派ですが、

完全に思い込みですね。。。

 

単に自分の当たり前と

世間の当たり前とが

ズレているのを実感できた時でした(笑)

 

丁寧に教えていただいたフロントの方、

どうもご迷惑をおかけいたしましたw

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、屋根遮熱工事で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。