営業も稼働も止めない屋根修理「カバーリング」

コロナが猛威を振るっていますね。

 

まるで開発されたワクチンを

蹴散らかすような勢いで

増えています。

 

まぁコレってどうしようもないので

自分はマスクをして

手を洗って

大人しく抵抗するだけですが・・・

 

 

そんな時でも雨漏りは

容赦なくやってきますので

そちらをしっかりと

対応中でございます。

 

さて、店舗や工場の雨漏りって

漏れる箇所が

お客さんの迷惑になったり

工場の機械や製品に

漏っている場合は

営業がデキなくなる場合もあります。

 

そんな修理もまた

その修理自体が

店舗や工場の

営業や稼働を止めてしまうコトも・・・

 

ですので、

根本的な修理を行う

&営業を止めない修理方法は

カバーリング工法です。

 

既存の古い屋根はそのままにして

新しい屋根を取り付ける

「2重葺き工法」です。

 

特殊金具を使って屋根を葺くんですが

そのラインナップが無い場合は

オガサで製作しちゃいます。

 

剥がさず、壊さず、穴も開けない工法なので

短い工期で、しかも通常営業できます!

 

でも、、、

工事を安全に行うために

外周に安全対策&作業用足場は設置しますよ。

休業中?・・・と

勘違いされないために

「営業中」の看板も設置して

短期間で屋根のリニューアルしています!

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、屋根遮熱工事で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。

 

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。