暑い寒いは施工に影響を与えます。

11月に入って

すっかり秋らしくなりました。

 

ってトコですが

ここ最近、異様に

「ヌクイ」

 

文化の日の頃なんて

朝の気温は6℃台でしたが

今朝なんてどうよ!

 

朝の気温が16℃っすよ!!!

 

何か季節感が全くない

今日この頃ですが

散りゆく紅葉に

何とか季節を視覚で

ラップさせているところです。

 

ちょっと「おセンチ」に(笑)

 

 

さて、この季節感ない気温。

これには工事も

チョイと戸惑うんですよね。

 

例えば「雨樋」の取り付けです。

 

現在、ほとんどの雨といは塩ビ製。

 

その性質上、

熱伸縮が非常に大きい素材ですので

芯材を入れたりしていますが

金属に比べて遙かに

伸縮率が大きい。

 

例えば住宅用の軒樋。

軒の長さが10mとすれば

真夏と真冬では

約4センチも伸縮が起こります。

 

なので、、、

取り付け時の気温に合わせて

ジョイントのクリアランスを

微妙に調整して

その伸縮吸収が必要なんです。

(汽車レールの隙間調整みたいなモン)

 

ですので最近は週ごとに・・・

 

イヤイヤ・・・

昨日と今日で

施工方法を変えないとイケません!

 

そうしないと真冬にブチ切れたり

真夏には

歪んで軒樋の蛇行なんてコトに。

 

そんなこんなで

現場では季節感を感じながら

施工を進めている次第です。

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、屋根遮熱工事で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。

 

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。