文化財と正義の味方

昨日は高新文化財教室で

香美市香北町は朴ノ木(ほうのき)の

高照寺さんへ行ってました。

 

まずは約600年前の名作で

県指定の重要文化財

「千体地蔵菩薩」を見学し、

次に約300年前に建てられた

市の重要文化財である本堂へと

文化財の勉強をみっちりと、です。

 

ワタクシ、もともと

日本史も世界史も苦手でして(汗)

皆さんに付いていくのが

やっと。。。

 

ホント、勉強になります。

 

 

さて、この高照寺さんの西隣には

やなせたかし朴ノ木公園があります。

 

ここはもともと

やなせたかし先生の

生家があった場所なんですね。

 

そしてこの公園には

先生のお墓があり

ご夫婦で眠られているそうです。

 

アンパンマンミュージアムの方が

管理されており

植栽とおなじみのキャラクター達が

たくさんいる、きれいで

親しみやすい公園です。

 

偶然にも管理の方に

先生の幼少の環境や

兄弟のコト、、、

そしてこの公園の経緯を教えて頂き

少しだけ目頭が熱くなった気が・・・

 

正義の味方「アンパンマン」って

その背景には

先生の従軍経験があるそうですね。

そんなこんなで、、、

 

色んなトコに行ったとき

ネットや資料をもとに

自分で見て回るのも良いですが、

 

そこに従事されている専門の方に

経緯や話しを伺う方が

何十倍もその背景が懐に落ちますね。

 

てなコトで

今夜はアンパンマンの絵本を

押し入れから出して少し

読んでみるとするか。。。

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、屋根遮熱工事で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。