フットワークは軽い方ですか?

今日は香川県まで遠征。

 

製造業さんの工場へ

屋根の調査に行ってます。

 

最近、多いんですよ。

香川県や愛媛県。

 

とは言っても

東予地区の東端だったり

西讃地区の西端です。

 

県外っちゅうたち

高知県内を東へ西へ走るよりも

時間的にはズ〜ッと早い!

 

高知は東西に広いですからね。

 

でも、、、地元高知では

「え〜!!!

県外にまで仕事に行きゆうが!!!

スゴいね!!!

大変やね!!!」って

驚かれるコトがあります。

 

でもね実際、県外より

県内の遠い所って

たくさんありますって。

 

要は「県外」って単語でもう

イメージ的に「遠い」って

すごく億劫に感じてしまう

県民性なんでしょうかね?

 

逆に瀬戸内地方の方なんて

「高知⁉ 近い近い。

広島や大阪より近いじゃん!」

なんて言われたりします。

 

イメージが先走り

先入観でモノを見てしまうと

 

実際は移動距離も

所要時間も短いのですが

そもそも脳が

遠いと認識していますので

 

その道中がやたら長く

感じてしまうんじゃないのかな?

 

 

何事も先入観で捉えてしまうと

脳は騙されやすいので

その通りになると

聞いたことあるし・・・

 

なにはともあれ

フットワークは軽い!

いたいモノです(笑)

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、屋根遮熱工事で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。

 

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。