戦争と技術開発、そして平和。

ここ最近は

太平洋戦争関連の報道って

本当に少なくなりましたね。

 

終戦時に10歳だった子供も

もう85歳になり、

語れる方が少なくなってきました。

 

 

さて、昨日の続き、、、

 

79年前、

太平洋戦争開戦当時は

無敵の戦闘機と恐れられた零戦。

 

機体の徹底的な軽量化は

まず主翼に軽量で高強度な

超々ジュラルミンを使用。

 

そしてフレームの

肉抜き加工は当然ながら

ビスやボルトまで

徹底した軽量化を施されています。

 

そんな超軽量な機体に

中島飛行機(現:スバル富士重工)の

栄型スーパーチャージャーエンジンを積んでいました。

 

そんな現在にも通じる

技術開発の原点が

この戦争にあったのは事実です。

 

でもそれにしては

あまりにも多くの尊い命が

犠牲になっています。

 

たった・・・

79年前の出来事なんですよね。

 

そんなあの日も

今日のような

穏やかな初冬の空だったんでしょうか?

 

 

平和って・・・

 

自然で当然ながら

あるようなものですが、

 

でも、決して

当たり前ではありません・・・

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、屋根遮熱工事で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。

 

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。