冬の準備は足元から。

先日、モーグル堀島行真が

W杯開幕戦で優勝しましたね。

 

そろそろシーズンインするスキーも

こんなうれしいニュースを聞かされると

待ち通しいっちゃありゃしません。

 

ましては先シーズンなんか

冬は無かったようなものですからね。

 

さて、そんな冬本番を

迎える時期になりましたが

オガサの屋根工事部隊も

冬への準備が必要です。

 

まぁ 所詮は南国な高知ですから

市内近郊では特に何もなく

普通に仕事していますがね。

 

でも、山間部へ1時間弱も走れば

積雪地域になります。

 

そんな現場に行く時は

やはり冬装備は必須です。

 

まずは施工スタッフの防寒対策です。

でも、コレもまた普通な装備。

 

よく抜かるのがタイヤチェーン。

今どきなら

冬用タイヤの準備でしょうか?

 

週イチ以上のペースで

冬用タイヤが必要なら

準備しますが、

月イチでも使わないのが常です。

 

でも、そこが危険!

 

ウッカリ準備せずに幡多地域へ行き

帰れなくなったことがありますからね。

(開き直って泊まり→→→大宴会w)

 

南国育ちですから

雪や凍結は日常ではありません。

 

ですからどうしても

準備をうっかりしてしまうんですよね。

 

備えあれば憂いなし。

 

冬用タイヤの

準備とまではいかなくても、

せめて、、、

チェーンの携行は必須です。

 

ひと様にご迷惑をかけないために

そして我がのためにも、ね。

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、屋根遮熱工事で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。

 

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。