屋根は色で調査します。

いや〜今日は寒かった。

やっと冬本番って感じです。

 

ちょっと前まで

まぁまぁ暖かかったんで

こう、急に寒くなると

体にこたえます。。。

 

てなことで

会社もストーブを出し

冬支度が始まり、始まり。。。

 

 

 

さて、この秋新たに

オガサの仲間入りをした

ドローン。

 

 

スタッフさん達、

やいのやいの言いながら

操作方法をチェックしています。

撮影調査用のドローンは

早い段階から

導入はしていたんですが、

今回の機種は

赤外線カメラを搭載した

業務用ドローンです。

 

これで屋根の不具合を

色で発見します。

 

例えば、、、

雨漏りしている屋根って

その有る無しで

箇所による温度変化が起きます。

 

また熱がこもっている屋根なんかも

コイツで撮影すると

一目瞭然です、はい。

 

ただ屋根を撮影するだけではなく

色で判断できるんです。

今日みたいな寒空の中でも

ブンブンと絶好調にて飛んでいます。

ありがたや。

 

しかし、、、

気温が低いと

バッテリーの消耗が早い!(T-T)

 

寒さには

人間も機械も弱いですね。

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、屋根遮熱工事で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。