屋根って雨漏りだけじゃないんだ。

寒くなったり、暖かくなったり

今年の冬は波があり、忙しい。

 

まぁ去年みたいに、ずっと暖冬だと

仕事的に大変嬉しいのですが

(個人的には困りますが、、、)

こんなに気温の上下があると

体調もそうですが

現場での作業もチョイと大変。

 

暖かいのは大歓迎なんですけど、

寒くなれば霜やら強風の対策や

対応やらで現場は

バタバタしますからね。

 

 

さて、そんな寒暖の差といえば

結露問題があります。

 

先日も雨漏りの調査に行ってみると

原因は・・・結露でした。

 

時に室内と屋外の温度差で

屋根が結露して、

雨漏りが起きるんですよ。

 

正式には「雨」ではなく

「結露」なんで

雨漏りとは違いますけどね。

 

しかし、屋根から室内に

水滴が落ちているなら

それは立派な「屋根」トラブル。

 

その原因っていうのは

屋根を固定している釘やネジ、ボルト等が

小屋裏へ貫通して熱が伝わり

温度差が起きて結露となります。

 

当然、雨漏りのように

ポタリと落ちるんですよ。

 

また天井が無い場合は

屋根材本体や野地板に

直接結露が起きる場合もあります。

 

でも、こんな現象って一般的には

トラブルになるほどではありません。

 

しかし偶然的に幾つかの現象が重なって

起こる場合があるんですよ。

 

そんな雨漏りか結露かどうか

分からない屋根のトラブル。

 

原因はどうあれ

屋根のトラブルってコトならば

それを解決するのが

屋根のプロっちゅうモンです。

 

ちなみに結露解決の技術って

実は、、、熱の移動を止める

「遮熱」の技術なんです。

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、屋根遮熱工事で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。