リフォーム工事で停電にしない方法

今日は20日。

県民交通安全の日です。

 

皆さん交通安全してますか?

 

スマホを見「ながら運転」は

止めましょうね♬

 

信号待ちで

対向車観察をしていると

やたらと多いですからね

「ながら運転」

 

 

さて、安全と云えば

工事用電源の漏電対策です。

 

新築工事の現場なら

工事用電源が設置されていますので

問題無いんですが、、、

リフォームの場合はチト、事情が違います。

 

今の時代、電動工具の殆どが

充電式バッテリーとなっています。

 

なので工事用電源って

10Aもあれば十分です。

 

ですから建物のオーナーさんに

電源はお借りする場合が殆どです。

 

工事用電源を引くと

ムダなご負担をお掛けしますからね。

 

ですから電源を借りる場合は

防雨型漏電しゃ断器付延長コードを

建物側に取り付けて

電源をお借りしています。

 

これで万が一、コチラ側の電動工具に

何らかのトラブルが起きたり

コンセント容量以上の電気を使いかけても

このコンセントがしっかりと

ココでブレーカーを落としてくれます。

すると、建物本体には影響は無く

ブレーカーを遮断させて

ご迷惑お掛けすることはありません。

(当たり前ですが)

 

これで留守中のお宅でも

家電を止めるコト無く安心。。

 

予約中の「韓ドラ」が録れていない!

なんてコトも起こさしません。

(古いか!?)

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、屋根遮熱工事で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。