震災を教訓に・・・

6400人を超える方が亡くなった

阪神淡路大震災から昨日で、丸26年。

 

その死因の8割以上は

建物倒壊が原因でした。

 

しかし、あれから26年経っても

高知県内には耐震が必要な住宅が

まだ5000棟以上もあります。

 

近い未来に必ず起こる南海地震は

数カ所で誘発地震が起き

南海トラフ地震として巨大化する可能性が

非常に大きいと云われていますよね。

 

 

そんなこんなで

住宅の構造と耐震機能が

一目瞭然で分かる模型を

行政からお借りしてきました。

 

これを参考に

少しアレンジも加えて

建物倒壊と耐震補強の関連を

少しでも見える化しようって

企みです。

 

少し耐震補強をすれば

どのように家屋は揺れ方が変わるのか?

 

また屋根の重量が揺れに

どのような影響を与えているかを

簡単に見える化です。

 

耐震設計士とウチの監督とで

あーでもない、こーでもないって

意見を戦わせています。

壁に筋交いを増設すれば

揺れに強いのは分かっています。

 

ですが、やはり屋根の軽さって

家の構造が同じならば

揺れによる倒壊は大きく軽減できます。

 

屋根は建物の性能を

7割決めると云われていますので

先ずは日常の風雨や

台風による暴風雨から

家を守る屋根にし、

そして地震の揺れにも

屋根と壁で備える。

 

コレだと思うんですよ。

 

地震ってどうしても

非日常的な自然現象です。

 

模型で少しでもリアリティが出ればと

模索中でございます。

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、屋根遮熱工事で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。