工場では技術訓練やってました。

天候不順で

いつ雨が降るか分からない空模様。

 

瓦からガルバに葺き替える

リフォーム工事も

いったんストップです。

 

しゃあない。。。

 

ですが工場では

ガルバ屋根やその部材の製作は

バリバリ進んでいます。

 

その一方では

新人さんが先輩に

技術指導を受けていますね。

 

まだ1ヶ月ちょっとの新人さん。

 

でも若いから、、、

乾いた喉に

ビールが吸い込まれるよう

アドバイスを吸収してます。

 

これから取り付ける屋根の端部に

「こーやってハサミをいれて」

「ここをこう掴んで曲げて」

 

なんて具合なのでしょうか?

 

い〜光景です。

 

ついつい仕事してても

寄って行ってしまいます。

 

あ〜オイラも教えて上げたい♬

 

でもそれはお節介ちゅうモノ。

 

1級技能士&職業訓練指導員である

職人さんが教えていますからね。

 

こうやってオガサの

技術は伝承されるのです。

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、屋根遮熱工事で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。