デジタルがつくるスピードとリアル

3月3日、桃の節句。

ひな祭りDayでございます。

 

でも、ウチは男子供なんで

全く縁がありません。はい。

あさは寒かったんですが

昼は暖かくなり

晴れやかなお節句がデキそうです。

 

 

さて、先日工場の屋根工事に行っていると

またまた軒樋の詰まりに遭遇。

 

ガッツリ詰まっているので

工場の方も

「雨が降れば滝になって

 ウルサくて困っていた・・・」とか。

住宅レベルの屋根だと

軒樋の確認もし易いのですが

工場クラスの屋根だと高さもあるので

詰まっているのか壊れているのか

歪んでいるのか全く分かりません。

 

そんな時に活躍するのが

オガサのドローン調査です。

 

小型ですが業務用ドローンなので

軒先より数m上からでも

光学2倍、デジタルズームを合わせて

4倍ズームになりますので

狭い軒樋の中もバッチリ確認できます。

 

そしてF2.8 – F11のレンズが

明るいのはもちろん

少々暗くても絞り調整で

正確な調査が可能です。

 

もちろん、フライト訓練を

適正に受けた者が操作しますので

安心安全スピーディーに調査が行えます。

 

更にモニターによるリアルタイムな

屋根と樋の状況確認がデキますので

忙しい建物のオーナーさんや

管理者さんの手を煩わさせません。

 

デジタルがスピードとリアルを生むって

トコですかな?

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、屋根遮熱工事で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。