瓦タイプのガルバ屋根があるってよ!

vol.1976

今日は蒸し暑く降ったり止んだり。

 

ま、毎年こんな風に高知は

夏本番に向かっていきます。

 

そんなこんなで、昨日は朝イチから

晴れ間を狙って

屋根の葺き替え現場での打合せ。

 

てか、、、暑”ーい!

 

この時期は何年経験しても

屋根マンには辛い時期です(汗)

 

梅雨明けからお盆までは

まだ身体が暑さに慣れていませんからね。

 

そして屋根の上って日陰は無く

日差しがギンギンギラギラで

「死ぬほど暑い!?」

 

実はそうでもありません。

 

だいたい、そよそよと風が吹くので

気持ち良い時もたんまにあります。

 

 

ま、基本的には暑いですが。。。(笑)

 

 

さて、暑さで血迷ったのか?

今は屋根に「瓦」を葺いています。

 

歴史的な建物であり地域の景観のために

シャープなガルバリウムの屋根じゃなくって

「瓦」です。

 

やはり古い日本建築には

瓦の風格や味わいが絶対に合いますからね。

 

ですが今回のように

築年数が古いのに

耐震補強ができていない建物には

軽量屋根への葺き替えで

少しでも耐震性を向上させる必要があります。

 

なので今回は

ガルバリウム鋼板製の「瓦」をチョイス。

見た目は「瓦」ですが

重量は土葺き瓦の1/10以下の

ガルバリウム鋼板でございます。

 

ただ屋根を直すだけではなく

地域に溶け込むデザインで

地震や台風に強い屋根をご提供する。

 

これも屋根マンにとって

技術と共に非常に大事な

センスでございます。

 

それではまた。

 


(2022年1月より不定期発信)

〜毎週金曜日更新〜
■オフィシャルYoutube動画■
https://bit.ly/3z5Elvv  

■工場倉庫の暑さ解決&節電ルーフのサイト■
https://www.ogasa-solution.com/

■オフィシャルHP■
http://www.ogasaseikou.jp 

オリジナル住宅用減災ルーフ
ガルパワー®

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
高知の地震や災害に強く、
遮熱屋根工事で暑さ対策も行う
雨漏り修理と屋根リフォーム専門。
高知の【株式会社オガサ製工】
小笠原孝彦(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。