屋根から自然光の取り入れ、はじめました。

大雨や台風の後、

屋根の明り採りからの雨漏りって

結構あるんですよ。

 

住宅の場合だと

トップライト。

 

その周りの水切り具合が

よろしくなかったり、、、

はたまたそこに

ゴミが詰まってたり。

 

そして、工場や倉庫などの場合は

スレート屋根のFRP製バンポーライトが

吹っ飛んで、雨漏りが起きたりとか。。。

 

その修理に行った時

「もう屋根に明り採りはいらないから

 撤去して(ツブして)欲しい」と

言われることがあるんですね。

 

夏はこじゃんと暑いし

台風や大雨の度に

必ず雨漏りするのが

「たまらん・・・」というのが本音です。

 

だけど、今まであった

トップライトを無くしてしまうと

その空間は一気に暗くなります。

 

照明をつけりゃ明るくなるき

大丈夫って言われるんですが・・・

 

それって、チョッと残念でして

ずっと悩んでいたんです。

 

もったいないな〜って・・・

 

そんな時に出会った

太陽光による照明システム。

 

その特約店会議に

昨日から関西入りです。

 

トップライトの弱点でもある夏の暑さや

紫外線で室内が色あせするなどのトラブルを

根本的に解決している、

この太陽光照明システム。

 

単なる部屋を明るくするだけではなく

照明やLED には無い要素を持った

自然光を室内に取り入れることにより

細かい文字やスケールメモリ、

そして部品から

人間の健康さえにもつながる

この屋根から始まる自然光照明システム。

 

実際、暗い室内でLEDを見ていると

目が非常に疲れますが、

太陽、自然光なら

本当に目の疲れが少ないんですね。

 

この素晴らしいシステムを

オガサの工場に早速サンプル導入しました。

 

設置したら、その成果レポートも

ブログにもアップしますね。

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで

地震に強く、遮熱工法で暑さ対策も行う

屋根リフォームと雨漏り修理専門の

【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦

(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。