銅で食中毒を解決!

お酒のつまみって

定番メニューであります?

 

自分はポテトサラダですね。

それもウスターソースを

チョイとひと振りしたら、

ビールのつまみに最高ですよ。

 

だけど夏場は

ジャガイモが痛みやすく

家では作り置きがし難く、残念です。

 

さて、今の季節って

以外に食中毒が多いと言われています。

 

ノロウィルスやO157が

施設などで

集団発生しているニュースを目にしますよね。

 

その予防に一役生きるのが「銅」

 

社寺仏閣や日本建築の屋根や樋に使われる

 

「銅」です。

 

銅イオンって

強力な殺菌効力があるんですよ。

 

台所の三角コーナーや

排水口などに銅のストレーナーを付けると

ヌメリが付き難いですよね。

 

コレを証拠に

人が触れるところに銅があると

食中毒予防には効果があるようです。

 

例えば、ペンのクリップ部分。

 

そしてドアノブや手摺り、

水道の蛇口など

人が触る部分が「銅」に変わると

その殺菌作用で食中毒予防に

かなりの効果があるんですよ。

 

ひと昔前、銅って

その後に発生する「緑青」が

猛毒と思われていましたが、

それは都市伝説的でして、無害で

むしろ銅って人間にとって

非常に大事な成分と分かってきました。

 

と言うことで

自分たちは銅を屋根や雨どいに使いますが

日常生活に直結できる銅殺菌のアドバイスも

何かしらできると思いますので、

もし、興味があればお問い合わせくださいね。

 

ところで、、、

インフルエンザの予防も兼ねて

そもそも手洗いうがいは必須ですよ!

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで

地震に強く、遮熱工法で暑さ対策も行う

屋根リフォームと雨漏り修理専門の

【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦

(おがさわらたかひこ)でした。

 

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。