展示会はコッチが勉強になる。

ブルッってます、広島は。

 

ですが、、、

気合い入った展示会初日がスタート。

 

20社を超えるたくさんの企業さんに

ブースへ立ち寄って頂きました。

 

 

やはり皆さん、

夏場の暑さトラブルを

大なり小なり抱えていましてね、

 

その解決方法の糸口となる

エコ遮熱ルーフの効果を

デモ機で体感してもらいました。

 

「ウワッ!すげ〜!」と

うれしい驚きの声が出た瞬間

コチラもニヤリと嬉しいモノです。

 

ヒヤリングで多かったのが

「塗装したんだけど、、、」

「断熱材を仕込んだんだけど、、、」

「遮熱シートを使ったんだけど、、、」など

一応は何らかの手を打っても

効果がほぼ無い(分からない)ってコト。

 

その殆どは

暑くなる原因を少し勘違いしていたり

誤った工法やメンテを行った結果でした。

 

しっかりと暑くなる仕組みと

解決方法をお伝えしましたので

参考になればと願うところです。

さて、展示会って

本当に勉強になりますね。

 

自分達はプロですからどうしても

説明にプロ用語が出ちゃいます。

 

そこをわかりやすい言葉に

変換するのは大前提ですし、

まぁ何せ、

質問されるのが一番の勉強ですね。

 

プロだからこそ

一般の方の悩みや疑問を

意外に見落としていたりします。

それを気付かせてくれるんですね・・・

展示会って。

 

プロだからこそハマる「独りよがり」は要注意です!

使う方、そう・・・相手方目線が大事ですね。

 

そのお勉強にも展示会っていいモンです。

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで

地震に強く、遮熱工法で暑さ対策も行う

屋根リフォームと雨漏り修理専門の

【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦

(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。