屋根に穴をあけちゃ、やーよ。

最近色んなトコで

初心者マークの貼られた車を

行く見かけるようになりましたね。

 

この春、高校を卒業するヤングマンが

免許を取り始めたんでしょう。

 

あおり運転なんてもってのほか!

 

近寄らず、少し離れて

ドライバーとしての大人心で

暖かく見守りましょうね。

 

さて、先日

屋根に太陽光パネルを設置しいるお宅から

雨漏りが始まった!なんて、

修理の相談がありました。

 

最近では珍しいですね。

 

「設置してもらった業者に

 修理をお願いすれば?」と

アドバイスをするも

「保証期間が過ぎているから

 もう対応はできない!」と

 

残念な対応だったそうです。

 

現地を確認してみると

ナント!!!!!

 

瓦に穴をあけてボルトを貫通させ

屋根に固定しているじゃないですか。

 

そりゃ漏ります。

100%漏ります。

設置後、数年は漏らないでしょうが

短期間で100%漏ります。

 

どうしてか?は、さておき。

 

屋根に太陽光パネル等を設置する場合は

穴をあけない固定方法でないと

絶対にダメです。

 

オガサが推薦するのは

例えばこのキャッチ工法。

ガルバリウム鋼板で葺いた屋根の

立てはぜジョイント部分を

間接的に掴んで

ガッチリ固定できます。

 

住宅でも工場や倉庫でも同じで、

屋根に何かを設置する場合

基本的に穴をあける工法はダメですよ。

 

ちなみに太陽光パネルや太陽熱温水器は

重量が数百kgもありますので

設置後、屋根への重量とバランスが

極端に変化します。

 

耐震性能の確認も必須ですよ!

 


では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで

地震に強く、遮熱工法で暑さ対策も行う

屋根リフォームと雨漏り修理専門の

【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦

(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。