お客さんを満足させれなかったから。

今日2月29日は

閏年の閏日。

 

なんで?2月に閏日があるかは

色々と諸説あるようですが、、、

明日からは3月。

冬も終わり春ですね。

 

さて、この冬は”超”暖冬でございました。

 

先日いつも通ってる

スキー場から連絡がありまして

今シーズン購入したシーズンパス券

(まだ一度も使用していなくて、

 スキー場に預けたまま)は

来期に繰り越していただける

ご配慮いただきました。

 

ありがたいコトです。

 

暖冬でスキー場がオープンできず

自分たちが利用できなかったのは

天候の関係だから

仕方ないと思うんですよ。

 

不可抗力ですよね。

 

まぁ一部のコースは滑走可能でしたが

スキー場の運営としましても

この暖冬は相当経営的にも

ダメージが大きいと思います。

 

勝手な憶測ですが。

 

そんな中、

長年シーズンパス券を購入している

我々への配慮はホント、

頭が下がります。

 

お金が”どうの”こうの”の話しじゃ

ないんですよ。

まして、ラッキーなんかでもね。

 

天候が原因ですので

そこまでスキー場が

全責任を負うコトも無いんでしょうが、

「満足して頂けなかった

 お客さんへの気持ち的な配慮」だそうです。

 

このスキー場は

もともと運営体制が素敵なのですが

今回の件でより一層ファンになりました。

 

心底、応援したいと思いますね。

 

来期はリフト券を買うのが無くなりましたが

食堂でガッツリ飲み喰いして

少しでも貢献できればと思った次第。

 

あ〜泊まりがけもいいよな〜!

 

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで

地震に強く、遮熱工法で暑さ対策も行う

屋根リフォームと雨漏り修理専門の

【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦

(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。