仁淀ブルーの近代土木遺産。

三連休中日。

 

道路は割と混んでますし

渓谷やら公園など

アウトドア系な場所も

結構賑わっています。

 

コロナ騒ぎの反動というより

桜もボチボチ咲き始めましたし

穏やかな連休ですからね。

 

さて、自宅からチャリンコで西へ15分。

日本一の水質を誇る

仁淀川が流れています。

 

そこにかかるJRの仁淀川橋梁。

 

そのトラス構造は美しく

たまにのんびりと出かけたりします。

 

完全にマニアです(笑)

 

このトラス橋は

100年以上前に建設された橋梁です。

 

4連のプラットトラスに曲弦プラットトラス

そして3連のプラットトラスが

土讃線を走る列車を

水質日本一の仁淀川を渡しています。

 

何ともこの構造は美しく

近代土木遺産にも指定されています。

 

その昔、貨物列車も運行していた土讃線。

1000トン近い列車を

大正時代に建設された橋梁が支えていたんだなと思うと

いっそう親しみというか哀愁を感じます。

 

仁淀ブルーに掛かる近代土木遺産。

 

イィネ〜♬

 

さぁ明日の天気は下り坂。

チョイと溜まってる仕事を

片付けるとするか。。。

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで

地震に強く、遮熱工法で暑さ対策も行う

屋根リフォームと雨漏り修理専門の

【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦

(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。