屋根の遮熱技術を「刺身?」に応用

昨日はプチツーリングで

四国カルストの麓まで

墓参りに行っていましてね。

 

行路はR439を仁淀川町から

そして、帰路はR197を須崎回りで。

 

須崎と言えば、魚の街です。

 

で、いつもの多ノ郷駅前の松田食品さんで

安定的に今夜の肴を買い込み。

 

ここの刺身はもう、、、

ストアのレベルでは無く

飲食店レベルをも超える

ピカイチな鮮度と旨さです。

 

今回、久礼のカツオは未入荷でしたが

それでも地物の刺身を6舟も大量購入。

(誰が喰うのかいな?)

 

でも、今日はバイクですから

どこへ積もうか?と悩む・・・

 

タンクバックの中身を全部、

リヤシートに縛り付け

そのバックへ刺身を

丁寧に詰め込むが

既にバックの中はエンジンの熱気で

結構温かい。

 

ここで!

 

もしも?の為に

バックに忍ばせている遮熱シートの

リフレクティックス(リフレ)が登場!

 

今日は保冷バックでなく

エコ遮熱ルーフの素材、

「リフレ」をバックに敷き詰めて

刺身の「舟」を丁寧に並べ

所々に氷を詰めて再びリフレでカバー

 

完璧です。

 

これでエンジン熱と走行風から

超新鮮な刺身を確実に守り

家路へR56をルンルンと走るのでした。

途中回り道もしながら1時過半

帰宅しても氷は殆ど溶けておらず

保冷効果抜群です!

 

そして、遮熱シート

「リフレクティックス」で運ばれた

鮮度抜群の刺身で司牡丹を傾け、

自画自賛する晩餐なのでした。

 

にしても、旨かった。。。

 

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで

地震に強く、遮熱工法で暑さ対策も行う

屋根リフォームと雨漏り修理専門の

【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦

(おがさわらたかひこ)でした。

 

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。