気を付けろ!は、安全対策じゃない!?

天気予報通りの

あいにくの天気ですが

新年度がスタートしましたね。

 

そんな昨日は月末ですから

全員参加必須の社内改善ミーティンを

朝イチで行う予定でした。

 

が、天候作業優先で延期。

雨降りの今朝、

皆が集まりミーティングです。

 

さすがは屋根職人集団。

天気を読むアンテナは

バッチリです!

 

さて、先日の改善ミーティングで

テーマとなっていた

工場内で稼働している板金機械の

安全対策がドンドン進行中です。

 

ガルバリウム鋼板のロールコイルを

切断する機械も回転ロールがあるので

巻き込み防止カバーをアクリル板と

ガルバリウム鋼板を組み合わせて製作。

そして鋼板切断機のフットスイッチも

うっかりペダル踏み!の防止策として

カバーを製作。

両方ともオガサ製作部のシゴトです。

 

気を付けろ!っちゅう安全対策は

オガサでは対策ではありません。

 

気を付けなくても、、、

無意識でも、、、

 

ミスが起こらないルールつくりと

システムつくりが本当の対策ですよね。

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで

地震に強く、遮熱工法で暑さ対策も行う

屋根リフォームと雨漏り修理専門の

【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦

(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。