三方良しの商い。

桜、半分咲きの4月2日。

 

と!思いきや

高知市から西へ行くほど満開。

 

さて、そんな桜満開の

お客さんトコロでのお話。

 

そこは100年以上の歴史がある

老舗のメーカーさんです。

 

しかし、例外なく

コロナ自粛の煽りをくらい

売上げは大きく落ち込み

この先もさらに落ち込むそうで、、、

 

そんな中、

春に送り出す新商品を

昨年から仕込んでいましたが

この騒動に巻き込まれて

一旦ストップかと思いきや

 

ナント・・・

 

新商品は予約で

ほぼ完売状態だとか・・・

 

そのメーカーさんでは

一部の商品をインターネットで

ユーザに直接販売していますので

この新商品もそのルートで

直接ユーザに販売したらいいんですが、、、

 

それでは本当の

「商い」にはならないとのコトで

問屋さん、小売店さんを通して

販売していくそうです。

 

商いとは

自分トコだけの利益にしちゃ

イカンと。

 

その理念があるからこそ

この田舎で100年以上も

商いをやって行っていけてるんだ!と。

 

超老舗の企業が語る言葉に

重みがあります。

 

商売の鉄則「三方良し」

売り手よし

買い手よし

そして、世間よし

 

この基本を忘れちゃだめですよね。

 

改めて心に響いた次第。

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで

地震に強く、遮熱工法で暑さ対策も行う

屋根リフォームと雨漏り修理専門の

【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦

(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。