GW明け。オガサは全開です!

 

GW明けにふさわしい快晴。

オガサの屋根工事も一気に全開です。

コロナの影響で

住宅部品供給が一時ストップするかも?の


懸念はありましたが

今のところは大した影響も無く

工事のラッシュです。

 

特にこの時期決算を迎える

ビルダーさんの雨樋工事はラッシュですね。

 

そんな連休の明けはいつも通りに

朝礼で社員共々リフレッシュからの

仕事モードにスイッチオンでした。

 

毎朝行う朝礼が

そして作業前のKY活動が

無意識にスイッチを

変換してくれますからね。

 

さて、そんなこんなで

気分良く仕事していたら、、、

身内から

「オカマ掘られた!」との連絡。

 

更に相手はそのまま走行・・・

当て逃げとして

警察が追跡捜査をしていると。

 

でも、さすが行政のデータベース。

ナンバープレートの4桁数字から

モノの1時間ほどで

特定車両を絞り込んだそうで、、、

 

アッパレです!

 

で、更に30分後、

該当者が確認できました。

 

事故当時、現場から立ち去った理由も

聞けば分からんでも無く、

(法律的にはダメですがね)

お互い大した事も無いので

事務的に処理をしましょうと

無事に解決。

 

ふ〜〜〜っ。

 

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで

地震に強く、遮熱工法で暑さ対策も行う

屋根リフォームと雨漏り修理専門の

【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦

(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。