手帳から過去を踏み台にしてみた。

5月6日 長い(短い?)GWも最終日。

 

旅行とか大きなイベントは

今年は自粛や中止でしたが、

ナイスなGWでした?

 

自分は充実していましたね。

 

というのも

昨年、一昨年の手帳を見返すと

大したコトしていないGWでしたので

今年はしっかりとスケジュールを立て

休みもしながらも

やり残していた仕事を片付けて、

 

そして、これから先の事業計画を

しっかりと組んだ、

そんなGWでございました。

 

さてさて、休日っちゅうコトで

人には殆ど会わなかったGWでしたが

明日からは通常業務です。

 

コロナからは少し遠ざかっていましたが

緊急事態宣言の延長もありましたので

明日からも

「マスクと手洗い」しっかりと!です。

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで

地震に強く、遮熱工法で暑さ対策も行う

屋根リフォームと雨漏り修理専門の

【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦

(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。