あのブルーシートには性能差があるんだよ。

梅雨の中休みとは

今日のような日です。

 

スカイブルーな青空に

すくすく育った稲が眩し過ぎますね。

 

日中は日差しもギラギラですが

湿度が50%とスッキリ爽やかな

快晴の青空、五月晴れでございます。

 

さて、そんなスカイブルーと言えば

「ブルーシート」ですよね。

何のこっちゃ?って感じですが(笑)

 

雨が降れば活躍回数がグッと増える

「ブルーシート」

 

そんなブルーシートって、残念ながら

一括りにされがちなんですよね〜

 

でも、実は

種類がたくさんありましてね、、、

 

当然、種類により用途は変わります。

 

新品時のブルーシートには

表示ラベルがありまして

必ず規格が記されています。

 

大きさや#1000・#2000

#3000・#4000などですね。

 

この「#」(番手)がブルーシートの厚さです。

(確か・・・1㎡の重さだったハズです。)

要するに、、、

屋根の上で仮囲い養生に使うなら

そりゃ軽い方が良いに決まっていますが

「#3000」より下のランクは

プロの目からすると防水性は低いですね。

 

遠足なんかで使う「敷モノ」でも

種類によって座っていると

お尻が濡れちゃうコトってあるでしょ。

 

ですから、ホームセンターなどで買うときは

安さだけでは決して買わないでくださいね。

 

#1000番なんて

埃防止くらいに思ってください。

 

またブルーシートは樹脂ですから

紫外線には非常に弱くて

安いモノは2ヶ月ほどで

ボロボロになりますよ。

 

ところで、オガサでは

2種類の大きさのブルーシートを

常時在庫しています。

 

少し大きめの台風や地震が起こると

街から、メーカーから

ブルーシートが一斉に消えちゃいますからね。

 

有事の時に

オガサのお客さんが困らないよう

しっかりと災害への備えは行っています。

 

モチロン高耐候で、番手は#3000です!

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで

地震に強く、遮熱工法で暑さ対策も行う

屋根リフォームと雨漏り修理専門の

【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦

(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。