雨漏り診断士の秘密兵器

昨晩、実家に寄ってスリッパを履くと

 

ん・・・?

 

中で何かがモゾモゾ・・・と。

 

ふと足を外すと中から

子供の手のひらサイズもある

ドデカい蜘蛛が飛び出てきた!!!

 

クモも自分も

お互いが腰を抜かす位に驚いた

次第でした。

 

そういえば昔、、、

靴下履いたら

中にムカデが入ってた時もあったけ。

 

足を入れる、手を入れる時には

必ず中を確認です!

 

そんな「中」といえば

屋根の中って見たことあります?

 

具体的には瓦の下、野地板の表面です。

(ルーフィングなんかの

 防水シートを敷いています。)

 

どこから漏っているかが

見えない雨漏りってあります。

 

その代表が

古くなった瓦なんかで多い

割れもズレも無いのに、、、

漏っている雨漏り。

 

まぁ 原因はひと目で分かりますが、

物理的に瓦を剥がさないと

その証拠は見えません。

 

そこで活躍するのが

狭い箇所へカメラを挿入させて

内部を確認する

ファイバースコープです。

 

この夏、オガサも導入しまして

屋根の中を見まくります!(笑)

 

オガサ雨漏り診断士(3名)が

この秘密兵器で、高知の雨漏りを

ドンドン解決していきますよ!

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで

地震に強く、遮熱工法で暑さ対策も行う

屋根リフォームと雨漏り修理専門の

【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦

(おがさわらたかひこ)でした。

 

 

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。