金属屋根オジサン、勉強をする。

暑くは無いですが

梅雨らしい空模様の高知。

 

湿度は95%を超えて

少ししっとり目の朝ですね。

そんなしっとりな空気(?)を

取り入れようと

窓を開けて外を眺めると

ふと思い出しました・・・

 

先日出張で泊まったホテル。

 

窓から外を見ると

屋根が途中で切れている!?

 

なぜ?

 

スグに分かりました!

 

屋根の一部を低くしなきゃ

部屋に窓が設置できませんからね。

実はソコって

瀬戸内のビジネスホテルなんです。

 

我ら太平洋側と比べると

降雨量はグッと少なめ。

 

ですからこのように

雨漏りに対して

多少リスキーな構造ができるんです。

 

自分なら・・・

窓の敷居から外側へ屋根勾配をつくり

雨は極力、外へ外への構造にしますね。

 

しかしそうすると、、、

エントランスから見た

建物のデザインがイマイチになるかな・・・?

 

なーんてコト

考えたのを思い出しました。

 

こんな感じで、

意匠性を優先した屋根も

立派な地方性特徴ですね。

 

時には建物の用途に合わせた

屋根つくり・・・

 

勉強になりましたm(__)m

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで

地震に強く、遮熱工法で暑さ対策も行う

屋根リフォームと雨漏り修理専門の

【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦

(おがさわらたかひこ)でした。

 

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。