操作より先ずは、安全っす!

講習2日目な日曜日。

 

相変わらず蒸し暑い体育館です。

 

窓を開け外気を取り入れると

ドローンの機体が風に流されて

練習になりませんので

窓が開けれんのですよ。

 

でもね、受講生10人のサポートは

しっかりと務めさせて頂きました。

 

この講習って、、、

機体の操作方法を訓練しますが

一番の要は、

 

「安全操作」です。

 

人は少し手慣れてくると

どうしても横着になり

特に運行前点検や安全確認を怠ります。

 

その基本中のキホンである

安全の徹底をしっかりとアドバイスです。

 

機体の操作は自主トレで

どんどん上達しますが、

運行前点検や安全確認は

次第にやらなくなりますからね。

 

人間ですから・・・

 

でもねー

この基本が超大事なんです。

 

自分も今一度、会社で再確認しなきゃ!です。

さぁ 今から500kmの道のりを

ひとりエッチラオッチラ

帰るとするか・・・

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、屋根遮熱工事で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。