夏場に殺人級の暑さとなる工場が?

お盆を過ぎて1週間。

暑さはピークを迎えております。

 

以前、猛暑の夏に

工場内も猛暑となる工場がありまして

そこで働く従業員さん達の

熱中症対策として

エコ遮熱ルーフを導入して頂き、、、

 

あれからもう3年。

 

今年もその遮熱効果を

測定させて頂きました。

 

工場内に入ると、まるで

エアコンを付けたのか!?

って思うほどの

効果でございました。

 

まぁ その測定結果は

データ整理後、サイトにアップします。

 

 

で、温度測定が終わったら、

今度はドローンを使った屋根点検です。

 

ここの屋根は増築で

少しだけ屋根が複雑なんですね。

 

その関係上「谷樋」と呼ばれる

屋根の中心に雨が集中して

大型谷樋で排水するシステムがあります。

 

そこが詰まったり破損すると

工場内が大雨漏りになるので

ドローンをズームにして

集中点検です。

 

特に異常はありませんでしたが

事務所に戻り再度、

大型モニターでしっかりと確認です。

 

でね、

工事を行って

「ハイ終わり!」では無くって

定期点検で、暑さ対策の効果と

屋根本体(雨と風に対する)の

点検まで行うのが

オガサの屋根に対する使命なんです。

 

屋根は施工期間より

使用期間(耐用年数)の方が

遙かに長いですからね。

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、屋根遮熱工事で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。