屋根リフォームは何が最適?

夏真っ盛りのオガサでは

今日も古くなった瓦屋根の

葺き替えを行っています。

 

もともと施主さんは

塗装でのリフォームを

考えていたそうですが、、、

 

今後起こるかも知れない雨漏りと

地震による瓦の破損が心配でした。

 

また、

そもそも地震に備える為にも

重い屋根から

軽量なガルバ屋根への葺き替えを

考えていたそうです。

 

そうなんです!

塗装リフォームは

まだ瓦自体が新しく

表面保護目的や

色を付け直すリフォームには

正解です。

 

しかし瓦自体の劣化や

雨漏り対策には

ん〜、、、なりませんねぇ。

塗り替えには

しっかりとしたメリットもありますが

何でもカンでも直せる

スーパー工法ではありません。

 

今回のお宅も

実際に瓦を撤去すると

下葺材の防水シートには

雨シミの跡が、、、

 

で、そのシートを撤去すると

野地板には雨漏りの跡が

何カ所もありましたよ。

これって室内には漏っていないだけの

雨漏り予備軍です。

 

塗り替えリフォームから

ガルバ屋根への葺き替えで

屋根は新築と同じように

防水性も耐久性も

20年以上はメンテ不要でございます。

(でも、点検は必要ですよ!)

 

しかも重量は1/7

ウルトラ的ダイエットもデキますよ!

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、屋根遮熱工事で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。