会社じゃダメだ!仁淀ブルーなんだ!!

高知市を離れて

いの町は仁淀川沿いの

「かんぽの宿 伊野」に来ています。

 

そう。。。

今日はオガサの新発式。

 

「進」じゃなくって

あえて「新」なんです。

 

この9月から

第25期がスタートですんで

前期をレビューしながらの

今期の事業計画を基に

各部門の目標設定。

 

朝9時から夕方5時までの

ガッツな会議です。

 

だから、新しい期の

「新」なんです。

 

この会議、

わざわざ会場手配してーの会議です。

 

べつにね、

会社の会議室でも良いんですが

それじゃ良いアイデアは出ません。

 

「事件は会議室で起きてるんじゃない!!

 現場で起きているんだ!!」

 

って名言?ありますよね。

 

コレにはチョイと同感でして、

(映画の主旨は違いますが、、、)

アイデア出したり、計画立てたりする

クリエイティブ系って

まぁ 社内で考えても

ロクなモンは出ませんからね。

 

勝手な当社比ですが・・・

 

 

さぁ今から

仁淀ブルーを眺めながらの

「ダレヤスケ」

2週連続ですが・・・

まっ、、、それもまた、楽し♬

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、屋根遮熱工事で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。