点検が大事やきって、あれっぱぁ言うたろう!?

昨日からGSXーR乗りのツーリングでして、

山口県の名湯、湯田温泉の朝です。

 

昨日は錦帯橋や岩国基地など

名所かマニアかよく分からん(笑)

貴重な一日となりました。

 

が、、、

我が愛機、トラブル続発!

 

燃料系のトラブルでガス欠状態となり

エンジンストップ。

→道端でタンクを外して、燃料ホースのルート変更。

⇒復活!

 

ハイ、、、

続いてウインカーの球切れ。

→予備の球に交換。

⇒復活!

 

トドメはウインカーステーが

振動による金属疲労で脱落。

→忍ばせていたワイヤーで固定。

⇒復活!

 

全て自分で応急処置して走行できましたが

う〜ん・・・やはり年代物は

いつ何処でトラブルが起きるか分からん!

 

まぁ自分の愛機は

33年も前のバイクですからね。

 

ずっと自分でメンテをしてきましたが

ここ最近はチョイと「手抜き」

 

そのバチが見事に当たりましたね。

 

 

さて、普段仕事では

「屋根の点検が、安心できる暮らしと

     災害への備えです!」なんて

偉そうなコト言っていますが、

当の本人の私生活はどうでしょう?

 

恥ずかしい限りです。

 

日頃からの点検はバイクも屋根も同じです。

 

特に数十年も経っているモノはネ!

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、屋根遮熱工事で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。