屋根をリフォームするその本当の意味は?

先週末にバイクで走った

山口県は湯田温泉までの往復900km弱。

(途中フェリーでワープもあり)

 

その副作用で右手が痺れております(笑)

さすがにTMRのキャブとは言えども

フラットバルブの強制開閉式ですから

一日中走っていたら、

初期型油冷エンジンの振動と共に

まだ1〜2日は

右手がジンジンでございます。

 

まぁ コレも楽しみの1つですがね。

 

 

さて、空気も乾いて

ぐっと秋めいてきましたね。

 

この季節が屋根の上で

職人さんも一番快適です。

 

鼻歌で作業している職人もいます。

(ホンマですよ)

楽しそうなのは何よりです♬

 

この時期、天候が安定していますので

屋根のリフォームにも最適なシーズンです。

古くなった重たい瓦屋根から

軽くて強いガルバ屋根への葺き替え工事も

ペースを上げて施工中です。

 

そんな中、

平成初期に建てられたこのお宅。

 

カラーベストコロニアル屋根が古くなり

雨漏りが始まったので

今回は塗り替えとせず、

ガルバ屋根でカバー工法にて

絶賛工事中です。

 

このカラーベストコロニアルは

ガルバよりは重たいですが、

瓦から比べると3分の1の重量です。

 

そしてこの建物は新耐震基準ですので

カバー工法で古い屋根の上に

ガルバ屋根を被せても

重量的には問題はありません。

 

このように築年数や屋根の種類によって

リフォームの方法っていうのは

それぞれ変わってきます。

単に古くなった屋根を

「リフォームする」というよりも、

ライフスタイルに合わせた

「安心できる家にリフォーム」する。

 

ここんトコ、

屋根のプロフェッショナルとして

大事なポイントと考えております。

 

ウスッ!

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、屋根遮熱工事で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。