なんて仕事なんだ!!!

秋の抜けるようなキレイな空に

赤い瓦屋根が映えるお宅。

 

ところが、、、

 

今年になって

雨漏りが始まってね〜と

ご連絡。。。

 

早速伺ってドローンを飛ばすも

特に異常は無いんですよね。

 

でも、反対面の太陽光パネルの設置面から

漏っているのは当初の話しで、事実。

 

再度、ドローンを

屋根にギリギリまで近づけ

そこから更にズームで

太陽光パネル下を激写!

 

ナンじゃこりゃ!!!

 

瓦に直接穴を開けて

パネルの固定金具を貫通で取り付け。

 

そして、ホムセンで売っている

300円位のシリコンを

「なすって」

防水処理が完了しちょります。

ナメてんの!?

(お施主さんを・・・そして、屋根を)

 

 

近年こういった

屋根に取り付けた

太陽光パネルからの雨漏りが

非常に多いんです。

 

社会問題にもなって

先日もNHKニュースで

取り上げられています。

 

 

まぁ 仕方ないっちゃ〜

そうなんですがね。

 

だって「屋根」の知識が全く無い

単なる取り付け業者さんの施工ですモノ。

 

コレは・・・

 

 

でね、、、結論。

 

屋根に太陽光パネルや温水器などを

安易に計画して設置すると

屋根本来の性能や耐久性が

どうしても低下します。

 

そして重量も増して

耐震性能も著しく低下します。

 

もし、、、

どうして設置するのなら

屋根の専門家に構造や強度を

検討してもらってからが良いですよ。

 

絶対に・・・!

 

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、屋根遮熱工事で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。

 

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。