贅沢ではなく、モノには拘ります。

カラっと今日もイ〜天気。

この時期はBBQに良い季節ですね。

 

と言っても、オジサンの献立は

肉がメインでは無く

「サンマ」や「キノコ」でございます。

 

しかしココ近年

サンマの不漁が続いて

手に入りにくいですよね。

 

入っても値は高いし、

そもそも脂が少なくバサバサ・・・

 

なのでアジやサバっす。

 

高知は干物が旨いので

それで十分問題ありませんね。

 

そんなチープなBBQでも

炭には拘っていましてね。

 

土佐備長炭の特小丸を使っています。

 

少々高いですが、

火力が強くて安定してるし

オマケにモチがイイ。

 

炭の焼け色も

その音でさえも美しい。。。

 

それとね、魚でも肉でも野菜でも

まぁ 何だか旨味が全然違いますよ!

(たぶん・・・)

 

オマケにキチンと消火させると

再利用も可能ですからね。

 

土佐備長炭は少しお高いですが

費用対効果とトータルコストを考えると

決して高価なものとは思いませんね。

 

また、生産者さんの手間を考えると

メチャ安いんでないかい?と思いますよ。

 

 

おっと!なんでこんな話しに?

 

 

てな、コトで今夜はBBQで決まり!

 

いかん、イカン!!!

仕事、シゴト!!!

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、屋根遮熱工事で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。