屋根をリフォームする工法ってどうよ?

古くなった屋根から

雨漏りが始まったりとか、、、

 

見た目に汚くなったりとか、、、

 

はたまた壊れてたりして

屋根をリフォームする時って

 

葺き替えと

カバーリングによる古い屋根をそのままにして

上に新しく屋根を重ね葺きする

2つのリフォーム方法があります。

 

まぁ葺き替えっていうのは

そのまま言葉通りで

どんな屋根でもOKな

リフォームの方法ですが、

 

カバーリングってのは

どんな屋根にでも

対応できる工法ではありません。

 

例えば、、、瓦って無理ですね。

 

その要因ってのは、

瓦は非常に凹凸が多いので

その屋根の上に新規で屋根を葺くと

固定強度が弱くなり

台風などの強風に弱いんですね。

 

そして、、、

もともと瓦って重量がありますので

そこへカバーリングで

新しい屋根を葺いちゃうと

 

メチャ重量増となり

耐震性が極端に落ちます。

 

ハイ。

 

技術的には無理じゃないんですがね

極端に屋根と建物の強度が落ちますので

やりません。

 

既存の屋根材や

家の構造に合わせた屋根リフォーム。

 

そこを提案できるのも

技術力と経験・・・

そして、ノウハウなんです。

 

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、屋根遮熱工事で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。

 

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。