あれから30年!

ウチ、高知県産業振興センターさんの

賛助会員でございます。

 

てなコトで、今月号の会報誌

「情報プラットフォーム」へ

オガサが記事掲載されました!

 

事業戦略の取り組み事例として

特集ページの見開きで

紹介されてます。

 

キャー!

恥ずかしい。。。

 

キャッチは

「屋根で人と企業を守る

    金属屋根マスター」

(チョイと照れクサイ?)

株式会社オガサ製工 です。

 

・ピンチを転機に〜

・誰でもできる化へ〜

・自走組織への成長〜

・効率化から人材育成へ〜

 

そんなテーマで

記事にして頂きました。

 

改めて刷り上がったばかりの

会報誌を手に取ると、、、

 

思い出します・・・

 

自分がまだ右も左も分からない

20代前半に代表になり

(若さと勢いだけで)

 

経営の難しさを思い知らされ・・・

しかし、人の温かみに支えられ・・・

 

あれから30年弱、、、

 

まぁ色んなコトがありましたね(笑)

 

ってな湿っぽい話は置いといて

このメンバーで

「屋根から人と企業を守る!」って

日々頑張っています。

 

2021年からは

新しく若手メンバーも増える予定です。

(でもスタッフ募集は継続中です♬)

 

どうぞよろしくお願いします m(_ _)m

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、屋根遮熱工事で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。

 

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。