安心できる屋根調査アイテム、あります。

屋根の調査って

どういう方法が安心ですか?

 

専門の職人さんに

ハシゴで気い付けて上がってもらい

屋根をしっかり見てもらう。

 

この方法が多いと思うんですが、

これって実は、、、

結構トラブルになっているんですよ。

 

高知は大丈夫でしょうが

都会なんかでは

「近くで工事していますから

 今ならキャンペーンで無料点検しますよ!」

って言いながら強引に屋根へ上がって、

 

壊れてもいない屋根を少し壊しておいて

「壊れているから

 スグに修理しないと家が壊れるよ!」

なんて、ビビらされるコトもあるとか。。。

 

そして、強引に見積もりをして

修理を契約。

 

なんてことがあるそうです・・・

 

屋根が見えないからって

極悪ですねぇ〜
(コレは犯罪です!)

 

まぁそれとは直接関係ありませんが

現在のオガサでは

屋根の調査って基本的に

ドローンを使っています。

 

これならお客さんと

リアルタイムで

屋根の状態が確認できますので

お互い非常に安心です。

 

しかも、人が上がらないので

色んな意味で

危険性が極端に少ないんですね。

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、屋根遮熱工事で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。