外壁シーリングの豆知識

屋根が専門のオガサでございますが

実は外壁の施工もやってます。

 

もっぱらガルバですがね。

 

さて、そんな外壁で

今の主流となっているのが

デザイン性が優れている

窯業系のサイディング。

 

セメントと繊維質をベースに

成型されたヤツですね。

 

柄や色の種類が多くて

オシャレで個性ある外壁には

もってこいの外装材です。

 

しかしその耐久性で

大きなポイントとなるのが

目地シーリングです。

 

出隅コーナーや

入り隅コーナーはもちろんのこと

サイディング本体のジョイントや

サッシ周りはすべて

シーリングで防水処理を行います。

 

ですので、シーリングの性能が

サイディングの防水性能を左右する

と言っても過言ではありません。

 

そのシーリング材って

最近は材質も非常に良くなっていますが

少し前までは、、、

温度や吸水による伸縮、

そして紫外線によって

劣化が非常に早かったんです。

 

5年前後ってトコでしたかな・・・?

 

でね、その目地シーリングの性能って

材質もさることなが

その施工方法も

防水性&耐久性に大きく影響します。

 

ワーキングジョイントに基づいた

施工方法が必須です。

(ココでは割愛しますが)

窯業系サイディングを外壁に使う場合は

デザインや色も大事ですが

それに合わせて目地シーリングも

耐久性が保たれる材質と施工方法を

しっかりと業者に確認するコトを

オススメします。

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、屋根遮熱工事で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。