快晴の中、スレート屋根の雨漏り調査。

抜けるような快晴。

 

こんな天気がずっと続くと

アウトドアに分類される

屋根工事(笑)をはじめ

ツーリングも登山もキャンプも

楽しいものです。

 

そんな快晴の中、

雨漏りに悩まれている工場さんへ

ドローンを飛行させて屋根調査。

 

ウチのドローンは

ズーム機能が優れてているので

機体を屋根ギリギリまで接近させ

そこからズームすると

実際に屋根上からの撮影と

何ら違いはありません。

 

さて、こちらは

築年数40年弱のスレート屋根です。

 

見て分かるほどの破損はありませんが

経年劣化による雨漏りの原因は

ハッキリと確認できました。

 

まず、フックボルトのパッキンの劣化。

 

もう硬化しまくって

防水性はほぼありません。

 

そしてジョイント部分の堆積物。

これが雨水の流れを堰き止めて

吸い込みを加速させています。

これって表面だけでなく

重ね部分の内部にも蓄積しているので

余計に吸い込みが多いんですよ。

(毛細管現象です。)

 

こうなれば洗浄して塗装を施しても

まぁ雨漏りは止まりませんね。

(一時的には止まりますが)

 

そこで現状の屋根をそのままにして

新たに新規屋根を葺き重ねる、

ガルバルーフカバー工法のご提案です。

 

これなら古い屋根を剥がさないので

工場内は通常通り

稼働させることができます。

 

それと撤去処分費用が不要なので

低コストで

オマケに短工期で

リフォームが可能なんです。

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、屋根遮熱工事で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。