トンネルを抜けると・・・

昨日は香川の

お客さんトコロへ打合せ。

 

行きは当然ながら

坂出ICまで高速道。

一仕事済ませ、

お約束の「うどん」を啜って

帰路へ・・・

 

そういえば先月、

猪ノ鼻峠の下に

延長4kmを越えるトンネルをブチ抜き

峠越えパスになってたな・・・

 

で、国道32号を南へ下り

新猪ノ鼻道路を通ってみました!

 

そして徳島に抜けて

井川池田ICから高速へ。

 

川之江JCT経由より気持ち早いかなぁ?

そんな帰路でした。

 

 

さて、旧道となった猪ノ鼻峠。

色々な思い出が

自分にもありますね。

 

子供の頃、正月の

金比羅参りで通った峠道

 

進学で香川に行った時

希望と不安で通った峠道

 

初めてバイクを買って

バイト終わりに

夜な夜な実家に帰った峠道

 

時にはトラックとの

危ねぇ場面もあったなぁ。。。

 

峠越えのトンネルって

入口と出口では

景色が全く違うのは元より

短い時間と距離ですが

自分の気持ちまでも変わります。

 

四国内数々の峠道とトンネルが

日常から卒業していくなぁ。

 

時代の流れをココに感じたのでした。

 

 

ちなみに、この新道。

自動車専用道路でして

人と自転車は通行できません。

 

なので、、、

車以外は旧の峠道へ

ヒイこら云って

上らないといけません。

 

「酷」は健在です(泣)

 

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、屋根遮熱工事で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。

 

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。