大袈裟に言うのならば・・・

いや〜

今日はヌクい、温い。

 

あんまり温いもんで

社内のスタッフからも

「何回、温い温い言うてんの?(笑)」

ってな感じです。

 

そんな暖かい今朝は

運送会社さんの倉庫で

荷物の受け取りをやってました。

 

メーカーさんから送られてくる

アルミ製遮熱シートの受け取りです。

 

大型トラックに

100本ほど積まれてきた

シートのロール巻き。

 

それをせっせこ、せっせこと

フォークリフトとハンドパレットで

倉庫内に収めてきました。

 

ちょっと汗ばみながら。

 

で、そんな運送会社さんって

実は、、、

 

オガサのお客さんなんですよ。

 

いつもはプラットホームや倉庫など

様々な建物のメンテナンスを

定期的に頂いております。

 

今回はそのお客さんのトコロに

資材の一次保管を

お願いしました。

 

普段は工事をさせて頂く側ですが

今回は保管サービスを

利用させてもらう側。

 

この相互のやりとりって

なんかすごく嬉しいんですよ。

 

この何か

循環的なお取引というか・・・

 

まぁド直球で言うと、、、

 

お金が回って

経済が動いている感覚?

(チト、大袈裟ですが・・・)

 

やはり一方的な取引より、

循環するお取引。

 

心掛けたいモノです。

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、屋根遮熱工事で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。