リモート(やっとこさ)始めました!

今日は25日ですね。

 

そぅ!

お給料日でございます♬

 

家計を握っているオガサ女子も

家計を握られているオガサ男子も

立場は違えど

ウレシイお給料日です。

 

ずいぶん昔は現金支給でしたが

業務の効率化と

安全性や何やかんやらで、

世の中は一般的に

振込になっています。

 

そんなアナログからデジタルの時代。

効率化と言えば、

今は「リモート」ですよね。

 

具体的には

コロナの関係で

Zoom等を使ったWeb会議が

主流になっています。

 

自分も営業マンも

県外の取引先さんとは

コロナ前からヤってはいたんですが

社内間ではまだやってませんでした。

 

ズッと取り組まなきゃとは

思っていたんですがね。

 

ま、リモートセミナーやら

飲み会やらの経験は

皆そこそこあるんですよ。

 

でも、社内ではまだでした。(汗)

 

ということで、、、今更ながら

始めました。(笑)

 

働き方改革の全盛期、

社内の定例MTGに合わせて

出張部隊や郡部に出ている営業や監督を

わざわざ戻らすワケにもいきませんしね。

 

それに合わせてスケジュールを組んでいると

お客さんへの対応も

チョイとスムーズさに欠けますからね。

 

で早速、先日Zoomにて

工程会をやってみました。

 

事務所と現場を繋ぎ

ホワイトボードの工程表と資料を片手に

現場の進捗状況を打合せ。

 

正直、内容ある工程会になったというより

「とりあえず」Zoomで打合せを

やってみたって感じですかね?

 

効率が上がる運用は

まだ少し先でしょうが

やってみなきゃ、いつまで経っても

始まりませんからね。

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、屋根遮熱工事で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。