例えると、出汁の効いた温かさかな?

暖かい雨の日曜日。

 

スキーも山登りも、

当然ながらバイクも雨でダメなんで

家でまったり。

 

珍しく家に居るので

どうも落ち着かん(笑)

 

ココで普段なら

会社に行って仕事をするんですが

今年は違うぜ!

 

なにせ、、、

ペレットストーブがありますからね。

 

いつも通りに起きて

ストーブの灰を掃除、

ガラスを拭いて

いざ着火!

 

ペレットの燃焼が

安定するのを見届け

朝メシです。

 

そこからストーブ前で

ゴロゴロと読書の時間。

 

「出汁が効いている」的な

温もりです(笑)

 

そぅ、、、これが大事なんですよ!

 

 

実はこのペレットストーブ、

事務所に設置しているストーブより

ワンサイズ小さいストーブなんです。

 

これでそれぞれの

暖房能力やそのパワー、

そしてカタログスペックでは

決して分からない

体感スペックが分かります。

 

そうでないと

人に勧められないじゃないですか。

 

ペレットストーブって

「大は小を兼ねる」モノじゃ

ありませんからね。

 

で、単に室温を上げるだけなら

ペレットストーブじゃなくて

いいんです。

 

エアコンならボタン1つですからね。

 

でも、室温を上げるだけでは無く

人の身体を芯から温め

炎を楽しむ・・・

 

ん〜〜〜 目と心で温まるとでも

言いましょうか・・・(爆)

 

こんなアナログというか

感覚的なアイテムというか

ファジー?な感覚って

実際に体験・体感しないと

絶対に分かりません。

 

だから人にも伝えられないんです。

(自分は、、、ですがね)

 

カタログやネット、動画で知識を得て

能書きタレるより

実際に使ってみて、語る。

 

「知ったか」は苦手なモノでして・・・

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、屋根遮熱工事で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。