シートが安全運転を生む?

朝の5時。

 

目覚めて温度計を見ると

外気温は6℃

 

ドヒャー!

 

暖かくなる予報は出ていましたが

まさかこんなにとは、、、

 

スキー場への雪道も

ずっとプラス温度なので

シャーベットロード。

 

良く滑ります。

 

で、肝心のスキーは

午前中で雪解けも一気に進み

朝イチから3時間

みっちり楽しんで撤収です。

 

 

さて、雪道って

積もり始めは滑らないのに

溶けては凍るを繰り返していると

路面はつるんつるんになり

めちゃ滑りますよね。

 

新規のスタッドレスでも

滑るモノは滑ります。

 

それが運転席のシートを

ホールド性の高いモノに交換したら

安心度がグッと上がりました!

 

なんて言いましょうか・・・

車の小さな挙動も

感じ取れるようになったのでは

無いのかな?と。

 

実はこのシート、RECARO社の

メディカルシートなんですが、

元々は県外や遠方のお客さん所へ

訪問した時の長時間運転で起こる

腰痛と疲労の軽減が目的だったんです。

 

それが雪道も安心して走れる

オマケまで付いてきました。

 

 

で、何でもそうですよね。

 

周囲の変化に気付かないのは

マズいじゃないですか。

 

やはり、、、

流れをしっかりと見極めなきゃ。

 

それにはどう足下を固めておくか?

自分理念をどうしっかり保つのか?

 

シャーベット状に溶けた道を

滑りに集中し

走りながら考えた次第。

 

雪道運転と人生・・・似てるなり。

 

 

なんてね。。。

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、屋根遮熱工事で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。