気合いと根性で雨漏りは直るか?

製造業さんの工場に併設されている

倉庫の屋根を葺き替えしています。

 

元々はルーフデッキ(折板屋根)の上に

設備機器を設置している屋根でした。

 

その部分が老朽化で雨漏りが始まり

金属パッチを貼ったり

防水を掛けたり

コーキングで処理したりするも

1〜2年で雨漏りが再発。

 

その度に内部の在庫資材が傷み

今回、カバー工法では無く

古くて傷んだ屋根を撤去して

葺き替え仕様となったのです。

 

根本的にしっかりと直して

20年以上ノーメンテで安心できる

屋根に作り替えるってコトにね。

 

しかし、、、

古い屋根を剥いでホント良かった。。。

 

ここまで腐食していると

雨漏りもそうですが

地震の揺れにも相当ヤバイ!

 

でね、雨漏りって・・・

何とか一生懸命頑張って

丁寧な仕事を行っても

その努力の甲斐は

報われるモノではありません。

 

そんな簡単に

雨漏りって直るモノでは無いのよ。。。

 

その原因をしっかりと把握して修理せんと

やたらめったら的な小手先の修理は

時間と費用が掛かるだけですからね。

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、屋根遮熱工事で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。