移動も調査もスピードが命です。

先週末の27日(土)に

高知南国道路が全通しましたね。

 

陸海空の玄関口を結び

高知の観光振興と「命の道」に

期待が高まっています。

 

 

同じくワタクシも個人的に

期待が「大」でございます。

 

かつて、、、

自宅から高知空港までは

20km以上はありますから

その移動時間は1時間以上。

 

余裕をみて、1時間半で

移動時間をスケジュールしていました。

 

で今回、南国道路の開通で

ウチの玄関から

空港までの所要時間がナント!!!

1/3の「30分」へと大きく短縮。

 

これで近所に空港がありますって

ナウい事も言えます(笑)

 

 

さて、時短と言えば

オガサの屋根調査ですね。

 

通常、住宅なら

2連ハシゴを使って屋根に上がり

目でビビりながら

調査を行っていましたが

それって時間は掛かるし

不安全極まりない調査でした。

 

また軒先なんかの一部は

物理的に確認するコトが不可能でしたが

今ではドローンを駆使して

ガッツリ調査がデキちゃいます。

 

更に工場なら高所過ぎて

そのハシゴも届かないので

高所作業車をリースしたり

又は調査用の足場を設置したりで

時間と費用を要していました。

 

現在は住宅でも工場でも

その2〜3時間は要していた屋根調査が

ドローンを使用して約30分で

完了するようになりました。

 

オマケにその場でリアルに

調査中の屋根を確認できるんですよ。

 

道路も屋根調査も

便利極まりない時代に感謝ですね。

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、屋根遮熱工事で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。