状況に合わせて変わろうぜ!

昨日の夜から降り始めた雨は

日付が変わって本降りに。

 

出勤時には暖かい南風も加わり

3月初旬とは思えない天気でしたね。

この影響で四国内のスキー場も

壊滅的ダメージを受けたみたいで

今日から軒並みクローズ。

 

今シーズンはもう終わりなのか?

 

まぁ天候には勝てませんからね。

潔くシーズンオフとイキましょうか。

 

さて、そんな暖かい南風が吹く中

オガサ事務所の

改装工事が始まりました。

 

2階には打合せ室やら休憩室、

倉庫やあまり使っていない小部屋まで

6〜8畳の部屋が4つほどありました。

 

で、今回大なた振って

ワンフロア化しちゃいましょ!計画。

 

この春から社員さんが増えたのもありますが

一番は「情報の共有化」をしようって作戦。

 

今までは良かったんですよ。。。

社員数も少なかったから

平成のシステムで

皆に伝わっていました。

 

でもね、今は働き方改革の真っ最中、

始業&終業も各自の仕事に合わせて

良い意味でバラバラ。

 

公休や有休もしっかり

バラバラ取れています。

 

ですので、、、

現場情報の共有化を徹底しなければ

途端にぐっちゃぐちゃになり

働き方改革の悪い見本になりかねません。

 

なので、この改装で

情報をもっと局所化しよう!って

なったんです。

 

当然ながら

時代に乗ったデジタルも

駆使しますよ!

 

上手く行くかどうかは

やってみないと分かりませんが

行動すれば何はともあれ

変化は起きますからね。

 

季節が変われば趣味も変わるように

会社も業態と人が変化すれば

そのスタイルも変化せねば、ね!

 

ところで、

これからの週末は登山?バイク?

ウッシシシ。。。

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、屋根遮熱工事で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。