自然光は人に、老眼に優しい。

暖かい土曜日。

 

今日は会社的には休日ですが

自分は午前中、オシゴト。

 

打合せやなんやかんやで

いつも通りの出社。

 

でも朝イチで

オイル&エレメントの交換等

バイク屋さんにお願いしてからの

自分はオシゴトです。

 

そろそろ去年の秋から

冬眠させてたバイクを

目覚めさせなきゃいけませんからね。

 

で、バイクの面倒を見るため

午後はお休み。

 

え〜かげんに

リアキャリアを付けんと

積載力ゼロなので、ツーリングが辛い。

 

やっと、午後から

DIYで取り付け作業です。

 

色々と難儀しながらも

屋根の技術を取り入れて(笑)

イ〜感じで取り付きました。

 

 

さて、そんなバイクの

メンテを行っているガレージは

もちろんガルバリウムの屋根(壁も)です。

 

ルーフデッキ88なんですね。

(折板です)

 

しかし日中は

照明を付けんでも作業できるくらい

楽勝に明るいんです。

 

その秘訣はね、、、

屋根の一部を

ポリカーボネート製の

透明な樹脂にしているからなんですよ。

 

しかし樹脂のままだと

夏場が非常に暑いので

樹脂の屋根の上にクリアランス付け

日陰になるように2重に

ガルバの屋根を葺いています。

 

これで直射日光は浸入せずに

明るさだけ取り入れることが可能なんです。

 

残念なコトに、、、

このガレージを建てた当時は

今扱っている

スカイライトチューブなんて

日光を屋根から取り入れるアイテムは

まだありませんでしたからね。

照明なんかより

太陽光がずっと明るくて目に優しい。

老眼でも作業が進みます(笑)

 

やはり人間には自然光だよな〜

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、屋根遮熱工事で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。